古曳 利恵

これまで研究室を中心とした学生生活や職場、また家庭生活の中で、大小さまざまなストレスを経験してきました。これからも何度となくその試練に見舞われることと思います。少しづつストレスから抜け出す方法を考える余裕もでてきていましたが、ストレスを感じる期間が長くなればなるほど心身の疲弊は重くなっていきました。

しかし、ヘルスコーチの準備をしていく中で、以前はあまり考えつかなかった自己解決の道を学び、それを実践しています。一見、回り道のようでも、身心を整えることは日々の生活のパフォーマンスアップの可能性につながります。クライアントさんと共にその道筋を探っていきたいと思っています。