2021.12.1

食事・栄養

3分で分かる食事で始めるデトックス│食事が重要な理由と簡単食事法

宮崎 光史

医師・医学博士/ヘルスコーチ

あなたは、デトックスの正しいやり方を知っていますか?デトックスという言葉は知っているけれど、どのように行えばよいかなどの具体的な方法は理解していない人も多いのではないのでしょうか?

この記事では、「デトックス」という言葉は知っているけれど、具体的な方法が分からない方が、はじめの一歩を踏み出せるよう、具体的な方法をご説明していきたいと思います。

あなたも是非この機会に、健康な自分を見つけるための方法の一つに、「デトックス」を検討してみてはいかがでしょうか?

体に悪影響を及ぼす日常に溢れる毒素

私たちが普段生活している中に、意外にもデトックスすべき毒素は隠れています。ここでは、知らず知らずのうちに私たちが日常的に摂取しているかもしれない、身近に隠れた毒素を紹介していきたいと思います。

この記事では、まずはじめに、日常の中に隠れた毒素を紹介し、その毒素をデトックスする方法として便秘改善を挙げ、そして最後に便秘改善のために効果的な食事を最後に紹介しています。

水銀

体の中の毒素と言うと、身近にある食品毒や化学製品を想像する人が多いかもしれませんが、意外にも重金属も体にとって有害な毒素の一つです。

重金属の中の一つに、水銀があります。実は水銀といっても、種類が3つあり、それぞれ構造などが異なっています。しかし、種類はあるといっても、水銀は、体の中の様々な障害を引き起こし、体に害となることは間違いありません。

免疫機能を弱めるとも言われていますが、原因として断定されることは少なく、水銀そのもののダメージが体にどんな形で現れるかよく分かっていないところも水銀の怖いところの一つです。

便秘により溜まっている便

日常に溢れる毒素は意外にも体の中にも存在しています。

便秘により腸内に溜まっている便は、体に悪影響を及ぼします。そもそも、便は、肝臓で処理された毒素や、体にとって不要なものが集積されたもので、体にとってはすぐにでも体外へ排出したい存在です。

せっかく一か所に集められた毒素も、排出されずに体に溜まった状態で長期間いると、逆に体にとって悪い影響が及んでしまうのです。

つまり、肝臓で処理され、腸の中に流れ込んだ毒素も、便として上手く体外へ排出されないと、意味がなくなってしまうわけです。

便秘を改善して体すっきりデトックス

まず、基本的なデトックスの基本は「便」で、先程の水銀をはじめ、体内に蓄積されている多くの重金属は便から体外へ排出されます。裏を返せば、便通が良くない人(便秘の人)は体の中に重金属が溜まっている可能性が高いのです。

その便をスムーズに排出させ、便秘を改善するための方法の中の一つに「食事」があるのです。具体的な食事方法に関しては後ほどご紹介しますね。

ここでは、まずは、便秘について改善方法をみていきたいと思います。

毒素の排出経路としての便

デトックスにおいては、毒素を処理してくれる肝臓が中心となり、処理した毒素の排出経路の中心に便があるイメージで、他の経路には、腎臓で作られる尿や、皮膚から出てくる汗、息などが挙げられます。

体が毒素を排出する経路としては、便(胆汁排泄)75%、尿20%、汗3%、爪 1%、毛髪1%となっています。数字からも分かる通り、便と尿が大部分を占めているため、便と尿の排泄を滞らせないことがデトックスにおいてはとても重要になってきます。

そのため、便と尿をスムーズに排出するために行う、便通コントロールや十分な水分摂取は、デトックスの要といっても過言ではありません。

ここではぜひ、毒素の排出経路の一つに「便」があるということを頭においておいてください。

便秘改善における腸機能の重要性

体の中の毒素をどばっと便を通じてデトックスするためには、「肝臓」でいかに毒素を処理できるかにかかってくるかが重要だとご説明しました。

しかし、デトックスにおいては、便秘改善が肝となってくるため、肝臓でいかに毒素が処理出来たとしても、腸の中に便が溜まっている状態では本末転倒になってしまいます。つまり、デトックスにおいては、肝臓だけでなく「腸」の機能改善も重要になってくるというわけです。

体の慢性不調も引き起こす腸の不調「リーキーガット」

便秘などの腸の不調を引き起こす原因のその一つに「リーキーガット」というものがあります。

「リーキーガット」という炎症は、腸の壁に穴が開き、そこから有害物質が血液中に漏れだしてしまう状態のことを呼びます。腸の壁に穴が開いている結果、便秘で腸内にとどまっている便の中の毒素や未消化の食事が体の中に入り放題になってしまうのです。

この状態はもちろん腸にとっては好ましくなく、いかにこの炎症状態を改善していき、腸の調子を整えていくかが重要となってくるのです。

リーキーガットと肝臓の関係性

リーキーガットはいかに腸にとって好ましくない状態であることは前述の通りですが、リーキーガットは腸だけでなくて、肝臓にも悪い影響を与えます。

リーキーガットの状態だと、腸の壁に穴が開いて、体に毒素などが漏れ出てしまうことはご説明しましたが、実はこの影響は肝臓にも強く及びます。

腸に穴が空き、毒素が体内に漏れ出した結果、体の中に漏れ出た毒素や未消化の食事を処理するために、肝臓にかなり働いてもらわなくてはならなくなるのです。

リーキーガットの状態に体が対抗するためには、肝臓に否応なしに働いてもらわなくてはいけなくなるのです。そして、肝臓を酷使させた結果、処理能力が落ちてくる可能性が出てきてしまうのです。

つまり、便秘などの腸の不調を抱えている人は、肝臓を酷使させている結果、肝臓の機能もおちている可能性があるため、そもそも肝臓を過度に働かせることになる腸の不調を改善していく必要がでてくるというわけです。

便秘を改善する方法の一つとしての「食事」

便秘の改善や腸の機能改善が肝臓にとってプラスになり、結果デトックスにおいて重要となってくることをお分かりいただけたところで、具体的な便秘の改善方法をみていきたいと思います。

結論、便秘の改善には、「食事」、「運動」、「睡眠」、「ストレスマネジメント」など、様々な観点からの地道なマネジメントが必要となってきます。

ここでは、便秘改善のための方法の一つである「食事」についてみていきたいと思います。デトックスにおいて、重要な肝臓を効率的に機能させるために、腸の不調を改善する「食事」が大切になってくるということを意識して読んでみてくださいね。

腸の炎症を引き起こすNG食品3つ

腸の不調を解消して、腸の機能をスムーズにさせることは便秘改善につながっていきます。

ここでは、腸の炎症を引き起こすNG食品を紹介していきたいと思います。NG食品3つは、「糖質」、「悪い脂肪」、人工添加物などの「食品毒」です。どれも日常の中で何気なく摂っているであろう食事だからこそ、意識して避けなければならないのです。

普段何気なく食べている食品に、糖質や食品毒は含まれているため、今日から出来る対策としては、スーパーで買い物をする際は裏面の表示を見ること。使いまわされた油を使用しているであろう外食は極力避けること。これらのアクションからぜひ始めてみてくださいね。

便秘改善に役立つ食物繊維

便秘を改善するために効果的なのは、食物繊維です。便秘がちな人は、積極的にキャベツやきのこなどの食物繊維を食べることをおすすめしたいと思います。

ただ、気をつけなければいけないのは、万人にとって万能な食品というのはないため、自分の体と相談しつつ、様子をみて少しずつ丁寧に食事を変えていって欲しいと思います。

アルカリ食で肝臓デトックスにチャレンジ!

また、肝臓をデトックスする方法として、アルカリ食をご紹介したいと思います。

私たちの現代食は、野菜、果物が少なく、ほとんどが動物性タンパク質の食事といっても過言ではないくらいの偏った食事を摂りがちです。

偏った食事は当然、健康的な食事という観点において問題になってきますので、普段の食生活の中では、不足しがちな野菜などのカリウムもバランスよく摂取していって欲しいと思います。

野菜、果物、穀物中心のアルカリ食

アルカリ食を取り入れるにあたって気をつけるべきことは、ただでさえ、意識せずとも摂りがちな肉、魚、卵などのタンパク質の摂取を控えることです。

また、糖質を摂り過ぎないことも重要なポイントになってきます。糖質を摂る場合は、各食事で糖質は一種類にして、穀物、糖質の野菜、甘い果実のいずれかに絞ることも大切になってきます。

脂質には良い脂肪であるエキストラバージンオリーブオイルやココナッツオイルを摂取し、不足しがちなタンパク質には玄米(発芽玄米がおすすめです)やそば粉、チアシード、大豆(なるべく発酵食品)を選びます。

足りない栄養は総合ビタミン剤などで補填していくなど、自分の食事内容を意識して、バランスよく野菜などのカリウムも食事に取り入れていっていただきたいと思います。

デトックスの注意点

デトックスを安全に正しく行っていくためには、注意すべきことがいくつかあります。最後にそれらをチェックしていきたいと思います。

いくつかありますが、その中の一つをピックアップしました。

水をしっかりと飲む

腸の便秘を改善して、デトックスをすすめていくためにも、水をしっかりと意識して飲んでいくことが重要になってきます。

ただ、注意していただきたいのは、人により適量があるということです。舌や足が浮腫んでいる様な場合には、逆に消化吸収に悪影響を与えることもありますので無理に摂り過ぎないことを意識し、腎不全などが無ければ、水分を排出してくれるカリウムを多く含む植物を意識して摂る様なことも大切です。

デトックスの詳しい知識を習得することに必死になって、基本的な便秘改善のための水分摂取がおざなりにならないよう気をつけて欲しいと思います。

まとめ

いかがでしたか?デトックスにおいて重要になってくる基本的な知識と食事方法は理解出来ましたでしょうか?

「デトックス」と聞くと、敷居が高そうで、「とても自分には無理」と感じていたかもしれませんが、デトックスは意外と毎日の食事を変えることから始められることがおわかりいただけたでしょうか?

あなたもぜひ、毎日の食事を意識して気軽にデトックスに挑戦してみてくださいね。

この記事の監修者

宮崎 光史 医師・医学博士/ヘルスコーチ

東京医科歯科大学卒、同大学院卒。医師(元消化器外科医、元日本 DMAT医師)・医学博士、ヘルスドクター。クライアントを持つ治 療家支援、法人向け健康指導などを含めた、病院外での健康増進、 病気予防のサポートを行う。