トレンド

究極の脳疲労とひらめきの関係

投稿日:

究極の脳疲労とひらめきの関係

石川です。

あなたは脳を休める時ってどうしますか?

私はぼーっとすればいいと思ってましたが..

実はコレが間違いでした。

脳が一番疲れる時というのは
「ぼーっ」としている時だそうです。

今日は最新の脳科学で判明しつつある。

「一般人が勘違いしている脳の使い方」

について、お話していきます。

私は常々、脳の使い方を研究しています。

なぜなら、脳をうまく使うことができれば
人生で望むことが叶う確率が劇的に上がると
信じているからです。

ビジネスアイデアを出してくれるのも
人の役に立つ問題解決を出してくれるのも、
リサーチをしてくれるのも、何かを学ぶのも..

全ては「脳」で行っているわけですから、
この脳をうまく使えるか否かが人生の
分岐点といっても過言ではないと思います。

で、、、

ここからが最新の脳科学の見解です。

こちらの記事をご覧ください。
https://japan-brain-science.com/archives/1322

こちらの記事によると、実は最も
脳のエネルギーを消費するのは
ぼーっとしている時だそうです。

このぼーっとしている時は
車のアイドリングのように
いつでも動けるように常に
検索をしている状態で..

「デフォルト・モード・ネットワーク」

と、いわれているようです。

つまり、脳はほとんど休めていない!

特に、スマホなどの発達によって
脳に多大な負荷がかかっている!

と言うことらしいです。

そして、このデフォルトの検索に気づかず
ひたすらぼーっとしていると・・・

こんな風になってしまいます。

【オーバーフロー脳】
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4249/

こちらもNHKクローズアップ現代より
スマホに依る過剰な情報で脳が疲労する
オーバーフロー脳が話題になっています。

・・・・

その一方で・・・

こちらの記事をご覧ください。
https://diamond.jp/articles/-/163581

この記事ではこのぼーっとしている状態
(デフォルト・モード・ネットワーク)が
ひらめきを生み出してくれると言っています。

NHKスペシャル「人体」”脳”スゴイぞ!ひらめきと記憶の正体
https://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_7.html

こちらのでも特集されているように
このデフォルト・モード・ネットワークが
私たちのひらめきの「元」でもあるのです。

つまり、ボーッとするのは
大事だけど、脳の休息にはなってない。

では、どうすればいいのか?

答えは、、、

「脳の休息を取る」

です。

せめて1日20分の休息を2〜3回は
脳に与えてあげてください。

このデフォルトの検索状態を休めるには
「瞑想」が役に立ちます。

※運動や、走るなどの意識を集中させる
 ものでも構わないと思います。

つまり、運動や瞑想など
なにかに集中する時間を
1日20分(×2回)は取る!

ということです。

仕事だと脳への負荷が強いので、
運動か瞑想がオススメです。

瞑想に関してはこの間シェアした

「数息観」

がオススメです。

私がテストした結果は
20分の2セットくらいが
フローをつかめました。

・・・

「ボーッとする=休息ではない」

これが本当に大切なことです。

休んでいるつもりでも1番
エネルギーを使っているわけですから..

1日になんどか休憩の時間を取りましょう。

あなたのパフォーマンスが
さらに向上することをお祈りしています。

いかがでしたでしょうか?

この記事が役に立ったらシェアや
コメントをよろしくお願いします。

もっと、こういう事が聞きたいとか、
要望や意見があればコメントください。

目を通して、改善していきますね。

石川 勇太

追伸:
多くの人がうまく行かないのは、
このような勘違いが積み重なって
望む結果とは逆方向に走るから..

正しい知識というのは
本当に重要だと思います。




おすすめ記事

1

あなたは超常刺激という言葉をご存知ですか? 超常刺激というのは人間の通常状態を超えた刺激のことを言います。 超常刺激 とGoogleで検索すると・・・ メンタリストDAIGOさんの 【もはや中毒】減ら ...

2

  今日はストレスを溜めない生き方についてお話します。 あなたはストレスを溜めがちですか? 多くの人が、必要以上のストレスにエネルギーを奪われてしまっています。 つまり、このストレスへの正しい対処を知 ...

3

  From Dr.ジョーンズ 時間がない・・・ 私もアメリカの最大手の 医療センターで働いていた時。 毎日10-12時間、週に6-7日、 働き詰めだったのでよく分かります。 自分の時間をコントロール ...

-トレンド

Copyright© Dr.ジョーンズの最先端予防医学 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.